下記はすべて「All About   by岩田麻美子 」よりご本人の許可を頂き引用させていただきました。

 

猫を理解するための10の約束     

 

 1.あたしの中にはたくさんのあたしが存在するの。

    時々どれが本当のあたしか自分でもわからなくなるくらい。

    だから、あたしが気まぐれな態度をとっても、あなたはドキマキしないで、ドンと構えていてね。

 

 2.あたしは小さな犬じゃないのよ。

    だから、あたしには猫のためのご飯を用意してね。 あたしはこう見えても小さな肉食獣なの。

 

 3.あたしは自分で身体をキレイにするのが大好き。

    でももし、あたしの身体がいつもより汚くなってきたら、それは具合が良くないサインだと気付いてね。

 

 4.こう見えて私は焼き餅焼きなの。

    あなたが何かに夢中になっているとき、あたしは少し焼き餅を焼くことがあるわ。

    構われすぎるのはイヤだけど、あたしの存在を無視されるのはもっとイヤ。

 

 5.あたしは自分のリズムで生活するのが好き。

    可愛いフワフワのぬいぐるみ、って思うかもしれないけれど、あたしはちゃんと自分の意志を持っているのよ。

    あなたの都合であたしを構い過ぎたり、無視したりするのは止めてね。

 

 6.あたしは高いところから眺めるのが大好き。

    だからあたしがいつでも高いところに登れるようにしておいてね。

 

 7.あたしの腎臓はとても働き者なの。

    あたしがお水をたくさん飲めるように用意しておいてね。

 

 8.引っ越すときは、何があってもあたしを連れて行ってね!

    猫は家につく」なんていうけれど、あたしがあなたを選んだから、あなたのそばにいるのよ。
    家の中の生活に馴染んでしまったら、あたしは外では生きていけないの。

 

 9.あたしにはあなたの気持ちがわかるのよ。

    あなたが落ち込んでいるとき、寂しいとき、あたしにはすぐにわかるわ。
    そばでのどをゴロゴロ鳴らすしかできないけれど、あたしがいることを忘れないでね。

 

10.あたしの時間は、あなたより速く過ぎていくの。

     何時かあたしが年寄りになって、暗く冷たい静かな場所に閉じこもるようになったら、

     あなたとのお別れが近いかも知れないと気付いてね。
     あたしの姿がここになくなっても、あなたの中であたしが生き続けることができるように、

     どうかあたしと暮らした日々を覚えていてね。

 

 

『犬の十戒』DOG TEN COMMANDMENTS Author Unknown-作者不詳 http://allabout.co.jp/gm/gc/69047/

 

 1.  My life is likely to last ten to fifteen years.     私の一生は10~15年くらいしかありません。

       Any separation from you will painful for me.   ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。

       Remember that before you buy me.             私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

 

 2.  Give me time to understand what you want of me.    

     私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

 

 3.  Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.  

       私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。

 

 4.  Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.     

       You have your work your entertainment and your friends.

       I have only you.  

   私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

     あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
 
      でも……私にはあなただけしかいないのです。

 

 5.  Talk to me sometimes.        

       Even if I don't understand your words, I understand your voice when it's speaking to me.

       時には私に話しかけて下さい。
       たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で理解しています。

 

 6.  Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

       あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。私はそのことを決して忘れません。

 

 7.  Remember before you hit me that l have teeth that could easily crushthe bones of your hand

       but that I choose not to bite you.
       私を叩く前に思い出して下さい。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、

       私はあなたを噛まないようにしているということを。

 

 8.  Before you scold me for being uncooperative obstinate or lazy,ask yourself if something might

       be bothering me.
       Perhaps I'm not getting the right food or I've been out in the sun too long or my heart is

       getting old and weak.

       私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に私がそうなる原因が何かないかと

       あなた自身考えてみて下さい。
       適切な食餌をあげなかったのでは?  日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
       心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと

 

 9.  Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.  

       私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。

 

10. Go with me on difficult journeys.  

      Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence."

      Everything is easier for me if you are there.

      Remember I love you.

      最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。

    「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言わないでほしいのです。
      あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
      そして・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。

 

 

**上記を引用させていただいたのは これからペットを迎える方、すでに迎えられている方にぜひ飼い主として

    言葉を話す事の出来ない動物さんたちの思いを・・・ 

    気持ちを理解し飼い主として最期まで責任ある行動をして欲しいと願う思いからです。

    岩田さんは、上記サイトにて猫の飼い主さんにとても為になる記事をたくさん書かれています。

    お時間のある方、またお忙しい方も時間をつくり是非 お読みになってください。

 

  ラヴァンヤは猫のブリーダーなので本来なら ” 猫の十戒 ” をご紹介すべきですが

    " 犬の十戒 " はとても切ない気持ちになり ぜひみなさんは読んでいただきたくて引用させていただきました。

    どうか・・・どうか・・・最期まで飼い主として責任ある行動をしていただける事を願っています。

   

 そして・・・

Lavanya の子猫たちが暖かいご家族に迎え入られ たくさんの笑顔をお届けできることを願っています。 

Copyright © **Lavanya Bengals**  All Rights Reserved.    当サイト内の写真、文章はいかなる場合もコピー転写を禁じます。

最終更新日 : 2019.  12. 05

Soka,Saitama JPN